★契約前が鍵! 節約ポイントをチェック<オフシーズン編>

結婚式の節約術

★契約前が鍵! 節約ポイントをチェック<オフシーズン編>
 はじめましての方は、『結婚式 節約ポイント まとめページ♪』をご覧くださいませ♪

このブログを見つけてくれたあなたなら
結婚式はオフシーズンを狙う方がいいということはご存じでしょう☆
(オフシーズン:結婚式の数が少なくなる時期のこと)

では、あなたは

‘結婚式のオフシーズン’って

いつのことなのか答えられますか?

0229.jpg


一般的な“オフシーズン”
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「平日」
 「仏滅の土日祝」
 「6月~8月の梅雨から夏」
 「12月~2月の紅葉から冬」 

‘真夏や真冬’だけというイメージですが
一年の半分以上は“オフシーズン”なのです!

つまり、11月30日(土)はオンシーズンだけど
12月1日(日)はオフシーズンということもあります!!

それなのに結婚式は
3.4.5.9.10.11月の仏滅以外の土日祝
料金の高い時期に集中しているんですよね~

ちなみに・・・わたしたちが結婚式を挙げた年の
2013年のオンシーズンを調べてみると

『365日中、たったの50日!』

本当にしたい記念日があるならともかく
たった50日を取り合いしてるのってなんだか滑稽に思えてきます…

六曜の意味もろくに知らず
異常気象で季節もなくなってきた今の時代に
‘季節もよくお日柄もよく’という世間体は、本当に大事なのでしょうか?

≪オフシーズンのメリット≫

★なにより基本料金が安い!
 (オンシーズンの料金に比べ5~20万近く安い)

★オフシーズンだけの特典が多い!
 (宿泊・ディナー招待、各種割引など)

★希望の日時で式場を予約しやすい!
 (オンシーズンなら1年前でも予約が埋まっている可能性あり)

★上記同様に、気に入ったドレス・カメラマン・司会者も予約とりやすい!
 (オンシーズンなら見えない争奪戦wが繰り広げられています)

★親戚・友人の結婚式とかぶりにくい!
 (ですが、デメリットもあります…下記参照)

★慣れたスタッフさんが対応してくれる!
 (オンシーズンは、手が回らないので短期バイト雇っている現状もあり)

★人気会場を貸切できる…かも!?
 他の花嫁さんやゲストとの遭遇確率が少ない!

【わたしたちの体験談】

 神戸とある有名ホテルでも当日の結婚式は2組だけだったため、
 午前中~3時頃まで貸切状態(もちろん一般の方はいますw)
 挙式もあとの新郎新婦さんがいないので、
 ゆとりをもってやりたい放題演出ができました♪

≪オフシーズンのデメリット≫

★平日は、招待するゲストが限られる

★六曜を気にする親・親戚がいる場合、要相談

★正月・お盆・夏冬休み・クリスマスなどのイベントと重なりやすい

★(重要!)真夏・真冬は、気候に合わせたゲストへの配慮が必要

最後のゲストの気遣いはさえ忘れなければ
“オフシーズン”の方が、メリットが多く満足度も高いです!

わたしたちは、7月末という夏真っ盛りな時期でしたが
大好きな季節にほぼ貸切状態で結婚式ができたので
“オフシーズン”にして良かったと心から思っています^^


≪おまけのしきたりコラム≫

六曜(ろくよう)とは・・・
それぞれの日を干支や方角を記した暦にあてはめ、凶吉を占う古くからの生活習慣

 「先勝・・・午前中が吉」
 「友引・・・正午以外、一日吉」
 「先負・・・午後からが吉」
 「仏滅・・・一日中、凶」
 「大安・・・一日中、大吉」
 「赤口・・・正午前後のみ吉」

特に婚礼関係は、結婚式に限らず結納や御祝を送る到着日など
大安か友引が暦の上で良いとされています(by:元百貨店ギフトアドバイザー)


(修正&加筆:2019.12.21)

タイトルとURLをコピーしました