★持ち込み料を無料にする秘訣と裏技

結婚式の節約術

★持ち込み料を無料にする秘訣と裏技
はじめましての方は、『結婚式 節約ポイント まとめページ♪』をご覧くださいませ♪

結婚式の情報を集めだしてから知るブライダル関連で
意味のわからない用語‘持ち込み料’というものがあります

ハイ。。。。

意味はわかっています

「なんで払わなあかんねん!」

思わず関西弁になってしまうくらい
‘意味不明なお金’という意味です(笑)

0068.jpg
(↑ 持ち込みした新郎新婦衣装♪)

‘持ち込み料’とは・・・

式場が提携している業者やお店以外で
商品を購入やレンタルをしたものを使用する場合に、追加請求されるお金

たとえば、どんなものがあるかというと

 ・ドレス
 ・タキシード
 ・カメラマン(写真)
 ・カメラマン(ビデオ)
 ・司会者
 ・引出物
 ・引菓子
 ・ブーケ
 ・テーブル装花
 ・フラワーシャワー
 ・ヘアメイクスタッフ

…など、結婚式に必要なもののほとんどです^^;)

保管料やトラブル時の責任料という意味合いで説明されますが
実際のところ、ドレスをハンガーにかけておくだけ
控え室にあるだけなどということもあるようです

提携であっても提携外でも、丁重に扱うことは一緒のはず

なぜこれだけ料金を請求されるのかというと
式場と提携会社との間に「多額の手数料」が発生しているので

提携外だと
式場は手数料分損をし、提携会社も儲けがないため
‘持ち込み料’として、式場は利益を得ようとしているのです!

ふふふ...ブラックな話になってきましたね(笑)

もちろん提携のものでも良いものはたくさんあります

ただ何も知らずに契約してしまうと
式場提携の中からしか選ばなくてはならず

もし、好みと合わなかった場合や
予想以上に金額が高かった時に他にのりかえようと思っても
契約後のため、高い持ち込み料を請求されてしまいます!

まあ確かに飲食店で店外のの物を持ち込むのはマナー違反ですが
一生に一度の結婚式。
こだわりたいし、支払うお金は納得いく金額がいいでしょう

でも。。。
契約前の見積もりの時点ならまだ交渉の余地はあります!!

≪持ち込み料 リアル金額≫

実際にわたしが
持ち込み料を無料サービスしてもらった金額は・・・

 → 新婦衣裳(30000円)
   プラン外だが提携店舗と知っていたので交渉成立♪

 → カメラマン(30000円)
   見積もり時に決めた業者があると説得し交渉成立♪

 → 引出物&引菓子(1点につき300円)
   現職場と元職場の商品を贈りたいとかけあい交渉成立♪

 → 新郎衣裳(通常20000円)
   購入したものだと持ち込みOKだと事前に確認

 → ブーケ&ブートニア
   外部持ち込みOKと事前に確認

 合計金額 『64200円!』

こんなにも節約できた理由は、
式場探しと同時進行で、衣裳・お花屋さん・カメラマンなど
調べていたので、見積もり時に交渉できたのです

6万円なんて安いほうですよ~
高いところでは、いろいろ持ち込みしようとしたら
持ち込み料20万!請求されたという式場もあります

≪持ち込み料を無料サービスにしてもらう秘訣≫

 ★式場探しと同時進行でドレス選びやカメラマン・司会者探しを始める

 ★契約したい式場が、どんなお店と提携しているのか聞くor調べる

 ★持ち込みしたい理由と共に契約前に交渉する

 交渉時に、あんまり‘まけてオーラ’を出してはいけませんよ(笑)
 あくまでスタンスは、事前に探して気に入ったものがあるので
 自分が思い描く結婚式にしたいという気持ちを伝えるんです

 営業のプランナーさんだって‘人’です

 まだ見積もり時点なら、式場側も契約してほしいので
 なるべくあなたの気持ちに答えたいと思うでしょう

≪持ち込み料の裏技≫

 ★最初から“持ち込み無料”を売りにしている結婚式場を選ぶ

 ★外部の業者に持ち込み料を負担してもらうことを交渉

 ★「当日持参の自前品」「手作り品」「友人からのプレゼント品」など
  式場によっては
  もともと持ち込み料がかからないものというものをチェック!

  ↑これを逆手にとって、レンタル品を購入と偽って搬入したり
  プレゼントと見せかけて郵送してくれるお店もあるようです。。。
  (ただし、自己責任でよろしくお願いしますw) 

持ち込みできるものは賢く上手に利用して
素敵な結婚式にしてくださいね^^

(修正&加筆:2019.7.18)

タイトルとURLをコピーしました