★結婚祝いのお返し・結婚内祝の節約ポイント

結婚式後のこと

★結婚祝いのお返し・結婚内祝の節約ポイント
 はじめましての方は、『結婚式 節約ポイント まとめページ♪』をご覧くださいませ♪

前記事「知らなきゃ恥!?結婚内祝のマナー」の続きです

結婚内祝の節約ポイントは、

 ★結婚報告ハガキ代わりになるカードをつける

 ★結婚報告ハガキを同封して切手代をなくす

 ★送料を無料か安く済ませる

たったこれだけのことですが・・・
余計なお金をかけないことで
予算を内祝そのものに充てることができます

また結婚内祝も
引出物や引菓子の節約方法と同じように
“良いものを安く買って予算以上のいいものを贈る”スタンスで
節約方法も合わせてご紹介します^^

0066.jpg


≪結婚内祝の節約方法≫

~引出物・引菓子・プチギフトと同じ方法~

その1★ ネットショップを利用

 カタログギフトをはじめ様々なアイテムがネットで購入できます

 引出物は、結婚式場一箇所の送料分だけで済みましたが
 結婚内祝の場合は、それぞれの自宅に配送するなら
 一軒ずつの送料がかかってしまいます!

 ネットショップを利用する場合は
 ‘送料無料’かどうかも合わせて比較するといいでしょう

 また写真付き結婚式報告メッセージカードを
 無料でつけてくれるショップもあるので
 利用すれば、報告ハガキ分の節約にもなります

その2★ 百貨店会員割引&金券の合わせ技!

 一年前からできる結婚式の下準備として
 「金利8.33%!?友の会カード」や
 「ブライダル会員カード」を紹介しましたが

 このカードを持っているだけで
 会員だけの特定期間の優待会で大幅な割引があるのです!
 一部ブランドは、最高30%割引のものもありました!!

 百貨店は各種金券が使えることがほとんどなので
 金券ショップで「1000円」の金券を
 「970円」程度で購入し支払いに使うんです

 たとえば10万円だと97000円になり
 「3000円分」お得になり実質3%の割引になります

 定価から10~30%割引し
 さらに3%お得な金券を使うことが百貨店購入時の裏技です!

その3★ 百貨店のお中元・お歳暮ギフトセンターで買う!

 お中元(6~8月)とお歳暮(11~12月)には
 各百貨店の催し会場はギフトセンターになります

 百貨店カードを持っていると
 早期注文で全国送料無料や10~20%割引があるんです
 これらの商品はすべて‘慶弔’利用もOK!!
 (引出物・内祝・香典返し・お供などにも使えます)

 百貨店に入ってる有名メーカーのお菓子が
 一番安くなるのはこの時期だけです!!
 時期によっては、一時間以上待つ激混みなのでご注意を^^

~引出物・引菓子・プチギフトと違う方法~

その1★ 結婚報告ハガキや写真も一緒に同封する

 ネットではなく、店頭で買う場合のみ使える方法です!

 結婚報告ハガキや焼き増ししたスナップ写真などを
 別に送るとそれぞれに切手代が別にかかってしまいます
 品物を配送注文してする時に
 「手紙も同送してほしい」と店員さんに預けるだけで切手代分節約になります

 ポイントは
 郵政法が執行されてから信書は同封できないので
 封筒に‘のり付けの封’をせずに持参することです!

 (ちなみに‘シール留め’もダメです!!)

 それに、品物と結婚報告ハガキが別々に届くよりもスマートですよ

その2★ 引出物購入場所を配送先の近くで贈る

 百貨店のみの話にはなりますが。。。

 店舗の地域の顧客を大事にするため
 百貨店の配送料金は‘近場は安く&遠方は高額’という設定になっています

 (例・関西のある百貨店)
 近畿2府4県はの配送料は200~300円
 関東・中部・四国・九州の配送料は700~800円

 もし、配送先によっては近い百貨店店舗から送る方が
 送料金額がかなり変わってくるのです
 贈り先によって、実家や新居の場所から
 購入場所を選ぶことも送料節約方法のひとつです

その3★ 引出物購入時点でまとめ買いをする

 引出物を購入した時が、割引を狙って購入している
 賢い花嫁さんなら、先を見越してさらに上級者編です

 予想される‘内祝’数量も一緒に購入しておきましょう!

 ポイントは、
 のし紙の表書きだけ「引出物仕様」と「内祝仕様」にするように
 指定しておくことを忘れないことです!

 内祝のみ自宅配送にして、
 結婚式後に職場やご近所に直接配る内祝にすれば
 買い物に行く時間の節約にもなりますよ♪

≪わたしたちの結婚内祝≫

わたしたちは、‘二部制ウエディング’で親族のみの披露宴でした!

人数の関係で新婦側は
2等親おじおばまでしか呼ばなかったのですが
いとこたち全員10名からご祝儀をいただき
また、新郎側の親戚にあたる2名の方からもご祝儀をいただきました

他にも。。。

 結婚式を欠席された方から
 御祝の品物や電報をいただいた方 ・・・ 6名

 結婚式前や終わってから
 グループや個人で御祝の品物をいただいた方 ・・・ 16名

 結婚式当日に使うネイルや
 アクササリーを手作りしてくれたお礼 ・・・ 2名

 友人からの紹介で
 司会をしてくれた方にお世話になったお礼 ・・・ 司会者さん1名

 新郎のご親戚の方から
 予想以上にご祝儀をいただいたお礼 ・・・ 2家族

 新婦母側の親戚から
 結婚式後に報告をしいただいたご祝儀のお礼 ・・・ 4名

 ・・・内祝だけで、59件!

 (ちなみに、結婚式に招待していない方の分は40件です)

 内祝予算は主に
 「5000円」「3000円」「1500円」でしたが

 送料込みで、合計約『13万円』かかりました!

日頃のお付き合いの度合いにもよって変わってきますが、
結婚式後も節約が必要な理由が
お分かりいただけますでしょうか?

ぜひ節約方法を使って、
お得に結婚式の報告とお礼をしてくださいね^^

タイトルとURLをコピーしました