★結婚式・招待客の選び方~自己負担額の計算方法~

結婚式の節約術

★結婚式・招待客の選び方~自己負担額の計算方法~
 はじめましての方は、『結婚式 節約ポイント まとめページ♪』をご覧くださいませ♪

結婚式にかけられる予算を考えたとき
「ふたりの貯金+親などからの援助金」だと思うのですが

忘れてはいけないことが
招待客からいただくご祝儀です!!

最初からご祝儀をあてにすることは良くないとは思いますが
結婚式はしたいけどあまり予算をかけられない新郎新婦さんには
安心材料のひとつとして
自己負担額をある程度知っておくとお金の心配事が減りますよ^^

0336.jpg
(↑わたしの母と伯母の後ろ姿です♪)

≪招待客のご祝儀の相場≫

 これは、新郎新婦としてではなく
 参列する側のマナーとしても知っておくとよいでしょう

 【親族】
  兄弟・姉妹 … 5~10万円
  いとこ   … 3~10万円
  甥・姪   … 3万円~
  おじおば  … 3万円~
  祖父母 … 5万円~

 【会社・友達】
  上司 … 3万円~
  同僚・部下 … 3万円
  友人・知人 … 3万円

 ただし、いろいろと例外があります!

 ★年齢のよって金額が変わる

 「友人・知人」の相場は3万円ですが、
 20代前半や大学生なら2万円のこともあります!

 また「いとこ」の相場に幅があるのは
 年齢によって金額があがるためです!
 20代30代は3万円のことが多いですが、40代以降は5万円~が相場です

 ★夫婦で参列の場合は単純に2倍じゃない

 おじおばや会社関係などで夫婦で参列の場合は
 相場の3万円×2人にすると6万円(偶数)になりますが
 結婚には偶数といった割り切れるものはタブーとされているので
 5万円または、7万円になります

 また一人5万円の場合は、夫婦で参列は10万円になります

 ★主賓の場合は金額UP

 会社の上司を招待する時に‘主賓’として祝辞を述べる場合は
 相場の3万円ではなく5~10万円に変わります

 ★いとこの未婚・既婚でも変わる!

 既婚の場合は一人として相場の3万円~ですが
 未婚の場合はおじおばと一緒の家族単位でご祝儀を計算

 引出物も既婚の場合は単独でありますが
 未婚の場合は家族分に含めることが一般的です

≪招待客の選び方≫
 
 こうしてみると友人や同僚を呼ぶより、
 親族を招待する方がご祝儀額がUPすることがわかります

 とはいえ親族間の問題は
 単純に何等親まで呼ばなければいけないという決まりはありません

 両家のバランスを考えて人数調整したり
 あまり交流のない親戚をどこまで呼ぶかは、お互いの両親とも相談が必要でしょう

 友人や会社関係の場合も
 同じグループや部署で招待する人と招待しない人がいるとトラブルになりかねません

 過去記事
 『契約前が鍵! 節約ポイントをチェック<予算&人数編>』でも書きましたが

 参加するしないかは、招待状を出してみないとわからないので
 まず自分が「呼びたい人」を基準に選んでみましょう

 “その人は、心から祝福してくれる人ですか?”

 “その人は、お世話になった感謝を伝えたい人ですか?”

 “その人は、これからも付き合っていきたい人ですか?”

 よーくよーく考えてみてください
 意外と結婚式を境に交友関係の整理ができたりするものですよ

≪自己負担額の計算方法≫

 ご祝儀の平均をみても分かるように相場は3万円~が基本のため

 内訳としては
 「料理1.5万円、引出物5千円、お祝いの気持ち1万円」です!

 そのため“招待人数×3万円”がおよそのご祝儀金額ですが
 交流の深い親族は金額が上がることが多いです

 例)招待客60名が300万の予算
 
  “親族30名(5万円)&友人や同僚30名(3万円)”の場合
   ご祝儀総額は「240万円」&自己負担額は「60万円」

   “親のみで親族なし&友人や同僚60名(3万円)”の場合
   ご祝儀総額は「180万円」&自己負担額は「120万円」

 
 親族を招待する場合はご祝儀の金額が上がることを見込んで
 引出物のランクUPやお車代なども必要になることが多いですが
 それでも、友人中心の結婚式より自己負担額が減ることは一目瞭然!

 もちろん友人中心の結婚式であっても
 自己負担額が見積もり額よりは確実に減ります!!

 そして、料理や引出物はしっかりとおもてなしをして
 ゲストに関わること以外での節約を頑張れば頑張るほど、
 自己負担額が変わってくることもお分かりいただけるでしょう

 また招待客を多く呼べば自己負担額が減るというものでもありません

 人数が増えれば増えるほど、会場が大きくなり、
 会場費や装花などの装飾の金額も合わせて上がってくるのでご注意を!

 実際のご祝儀額は、招待された側の気持ちなので
 予想した金額と変わることもあるので、目安としてお考えください 

 結婚式が終わる頃、多額のご祝儀をもって
 わざわざ結婚式に来てくれるゲストに本当に感謝できますよ^^ 

タイトルとURLをコピーしました