★おもてなしメッセージ 節約付箋カードの作り方・文例

結婚式の節約術

★おもてなしメッセージ 節約付箋カードの作り方・文例
 はじめましての方は、『結婚式 節約ポイント まとめページ♪』をご覧くださいませ♪

結婚式の第1回目の打ち合わせにすることは「招待状」です

本契約した時に‘招待状文例選び’と‘差出人は新郎新婦or親’
‘招待客リスト’‘印刷枚数’などの宿題があったのですが
招待状文例の見本の約10種類以外から選ぶと校正料金がかかりました!

>>>参考記事:「結婚式招待状 3つの節約ポイント

本文の校正料は無料サービスにしてくれたのですが、
返信はがきの校正料は、別料金の有料3000円。。。

返信はがきは、とてもシンプルなものだったので
アレルギー有無や宿泊などの確認メッセージを入れたいと思い
「付箋カード」を手作りすることにしました^^

K0050356.jpg
(↑ 契約プラン内の招待状♪)

“付箋”とは…
招待状の本状以外に一部の人だけに宛てたメッセージを
必要に応じて一言書き加えたメッセージカードのこと

≪付箋カードの種類≫

 ★挙式参列のお願い
 ★親族紹介・集合写真のお願い
 ★祝辞・スピーチのお願い
 ★乾杯のお願い
 ★受付のお願い
 ★余興のお願い
 ★アレルギー有無の確認
 ★宿泊・交通手配の案内
 ★美容・着付けの案内

すでに個人的に連絡していても、
付箋が入っているとより丁寧なので受けとるゲストの印象も変わります

≪手作りしたカードの文例≫

その1★ アレルギー有無の確認

「食べ物にアレルギーのある場合は
 返信はがきの空きスペースにお書き添えください
 出来る限り配慮させていただきます」

 親族食事会に参加するゲストに
 いちいちアレルギーあるか聞いていられないので(笑)カードをつくりました!
 もともと子供ゲストも参加する予定だったということもあります

 最近はアレルギーもってるお子様が多いので要注意です!!

 手作りでカードを添えた結果。。。
 「アレルギーではないけど、生の肉や魚が苦手」
 と親戚から返信はがきではなく個人的に連絡がきました
 付箋カードがあったので言いやすくなったのかなと思います~

 こちらとしてもお料理残されるより
 食べてもらえる物を提供する方がいいですしね^^

その2★ 宿泊・交通手配の案内

「当日の宿泊については○○ホテルをご用意しております
 なおご宿泊が不要でしたらお手数ですが
 ご一報下さいますようお願い申し上げます
 チェックイン ○○時 チェックアウト○○時」

「当日は自宅からホテルまでの送迎をご用意しております
 なおご不要でしたらお手数ですが
 ご一報下さいますようお願い申し上げます」

 新婦側は、それぞれ遠方なため
 “結婚式の交通費は自分たち持ち&当日の宿泊は招待家が負担”
 と親族協定(笑)で決まっているのですが

 親から連絡していても、チェックインの時間など忘れがちになるので
 しっかりと紙で案内していると安心です^^

 新郎側は、親族協定がないため、付箋で希望を聞きました

 宿泊のゲストからは、希望だったのでお礼があり
 送迎のゲストからは、送迎不要で、自家用車でくるということになったので
 式場への案内のため‘車種&ナンバー’を聞くことができました

 (直接聞いた方が早いのは分かっているのですが、
  新郎新婦本人が主催のため、このような形に・・・^^;))

≪節約・付箋カードの作り方≫

1、パソコン内に入っていた無料ソフト‘ラベルマイティ’を起動
2、用紙はA4名刺カード(1枚でカード10枚分)
3、親世代が見やすいように大きな字で3~4行で記入
4、印刷し、丁寧に切り取る
5、完成♪

付箋は、式場や提携外の業者で購入したら、
「挙式」「乾杯」「スピーチ」は無料でついてくることが多いようですが

個人的なメッセージを書いた付箋は有料になってしまいます。。。
1枚数十円だとしても、送料が必要だったりすると結局は高くつくことも

A4サイズの名刺カード用紙なら・・・
『実質1枚3円』程度で作れます(笑)

柄なしの無地でしたが、薄いグリーンのカラー用紙にしました

節約も大事ですが、ちょっとのひと手間かけて
‘おもてなしのメッセージ’を招待状に添えてみませんか^^

(修正&加筆:2015.10.23)

タイトルとURLをコピーしました