【結婚式の婚礼料理】契約後でも有料試食会に行くべき3つの理由

結婚式有料試食会・アイキャッチ画像結婚式のおもてなし

結婚式に参加するゲストにとって、楽しみなことが「お料理」です!

契約前に「ブライダルフェア」などで一度料理を試食した方も、契約後にある有料のフルコース試食会にはぜひ参加しましょう。

わたしたちも有料でコース料理を食べました。

費用は、2人分で約3万円!

なぜ高額になるのに、試食会をすすめる理由は、有料試食会でしか分からないことがあるからです!

  • 全品確認することで、安心してゲストにおもてなしできる!
  • 料理とサービス全体の両方をチェックできる!
  • 「単品グレードアップ」という節約方法がある!

実際に3万円かけて「有料試食会」に行き、チェックしたポイントを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式契約後でも「有料試食会」に行くべき理由

ウエディングテーブル・イメージ画像

結婚式でゲストが楽しみにしていることのひとつが、「お料理」です。

もし式場契約前なら、試食会付きの「ブライダルフェア」を予約しましょう。

メイン料理やハーフコースの試食が、参加費無料で食べられることもあります。

嬉しいデートコースになるだけでなく、式場の料理レベルを知ることができる貴重な機会ですよ!

\試食会付きブライダルフェアを探す/

でも、「ブライダルフェア」の試食会はすべてのお料理ではありません!

契約後の試食会に参加しなければ、フルコースのお料理を確認することができないのです。

たとえそれが有料であっても、「試食会」に行くメリットは3つあります!

有料試食会のメリット
  • お料理を全品確認できる!
  • 料理の味だけでなく、サービス全体をチェックできる
  • 料理を食べ比べしながら検討できる

お料理を全品確認できる!

カトラリー・イメージ画像

フルコースの試食会なら、全品確認ができます!

味はもちろんのこと、量や食べやすさなどトータルでチェックできることは、ゲストに満足度の高いお料理を提供することができるでしょう。

また結婚式当日は、演出やおもてなしに忙しく、新郎新婦はまともにお料理を食べられません。

事前にコース料理を楽しめるところも、有料試食会のおすすめポイントです。

サービス全体をチェックできる!

試食会は、お料理の季節感や、配膳のタイミングなどサービス全体を見る機会にもなります。

アレルギー対応や、妊婦ゲストや子供ゲスト向けのメニューなどもあわせて相談できるでしょう。

料理を食べ比べでき検討できる!

試食会は、ふたりとも同じコースを注文する必要はありません!

  • 「和洋折衷」と「フレンチ」
  • 「基本コース」と「ランクアップコース」

違う2種類のコースを試食し、検討することで、本当にゲストに喜ばれる料理を選択することができるのです!

試食会に参加できない場合

ケーキ・イメージ画像

「ブライダルフェアの試食会」や「契約後の合同試食会」に参加できない場合は、プランナーさんに相談してみましょう。

別の日に、試食会と同じコース金額で準備してもらえることができるかもしれません!

実際に、わたしたちも仕事の都合で合同試食会に参加できなかったので、後日ホテルのレストランで婚礼料理を準備してもらったのです!

おかげで、料理キャプテンが付きっきりで料理を取り分けてくださり、ひとつひとつの味の説明や魅力などを聞くことができ、素晴らしい試食会になりました!!

スポンサーリンク

「結婚式の有料試食会」チェックポイント

テーブルセッティング・イメージ画像

有料試食会で、チェックするテーマは3つあります!

  • 「料理」について
  • 「サービス全体」について
  • 「節約できる部分」をチェック

「料理」

有料試食会に参加する理由は、一番は味の確認です!

食べてみて、素直に「美味しい」&「また食べたい」と思う料理をゲストに提供しましょう。

  1. おいしさ
  2. 見た目の満足度
  3. トータルの量
  4. 季節感
  5. 食べやすさ

ゲスト参加者(高齢者・子供含む)に対して、一品のボリューム&トータルの品数も重要です!

料理の前に「ウェルカムドリンク」、食後に「生ケーキ」を用意するかどうかの目安にもなります。

試食時と結婚式当日が数ヵ月ずれていると、食べ物の‘旬’が変わります!

メインのお肉やお魚は変わりませんが、添えた野菜や前菜の食材が変わる可能性もあるので、確認しておくといいでしょう。

わたしたちの結婚式は夏でしたが、半年前の冬に試食をしました。

冬なら‘こってりスープ’で美味しかったのですが、夏なので‘あっさりスープ’の方がいいと思い、季節に合わせた料理を選ぶということもできました。

「サービス全体」

  • 配膳のタイミング
  • 「特別メニュー」について
  • お料理の演出について

まずフルコース試食会に行くなら、配膳の時間は確認しておきたい部分です。

お料理のサーブが早すぎないか遅すぎないか見ておくことで、披露宴の時間や演出に対して、料理がどのタイミングで出るか分かります。

品数の増減や、デザートビュッフェができるかなどの目安になるでしょう。

婚礼料理「鯛の刺身」
婚礼料理「鯛のお刺身」

次に、一般的なアレルギー対応だけでなく、ゲストのために「特別メニュー」の対応をしてくれるのか確認しましょう。

特に妊婦ゲストは、レアのお肉や生魚のお料理はNG!

妊娠中は、普段より生ものによる食中毒に感染しやすいためです!!

すべてのゲストが心地よく過ごすために、満足度の高い料理を提供できるように配慮しましょう。

わたしたちの結婚式でも、親族ゲストの中に生魚が苦手な方がいたので、新鮮な鯛のお刺身を提供することができませんでした。

試食会の時に、料理長に直々に相談したところ、鯛を蒸し焼きにする料理をオリジナルで作ってくださることになり、追加料金もかかりませんでした!

フランベ・イメージ画像

またお料理もひとつの演出として、ゲストに楽しんでもらうこともできます!

  • シェフの料理実演
  • お肉の切り分け
  • デザートビュッフェ

有料オプションになることが多いですが…、普通にお皿に出てくるのではない、効果的な演出になるか自分の目で確認することができますよ。

「節約できる部分」

テーブルセッティング・イメージ画像

有料試食会を利用することで、結果的に節約につなげることができることもあります!

それは、婚礼料理の「単品ランクアップ」です!

婚礼料理のコース(例)

  • コースA … 1万円
  • コースB … 2万円
  • コースC … 3万円

たいていの式場は、基本〜特選まで数種類の料理コースを準備しています。

コース全体をランクアップして、料理を豪華な内容にしてゲストにおもてなししようとすると、金額が跳ね上がってしまうでしょう。

でも、単品のランクアップなら、メイン料理だけ高級食材にするだけでも、ゲストの印象が大きく変わります!

料理をランクアップする価値があるかどうかは、実際に試食することで、決めることができるのです!!

婚礼料理「車海老と伊勢海老」
車海老と伊勢海老を食べ比べ!

わたしたちの婚礼料理(中華)では、車海老から伊勢海老にランクアップしました。

どちらも美味しかったのですが、伊勢海老の御頭がついた見栄えの迫力が違いました!

料理カタログを見ただけでは分かりません!!

実際に見て、味と見た目に納得したから、単品ランクアップを決めることができました。

式場からもらう料理カタログに載っているメニューなら、基本的に作ることができます。

もともとランクアップできる単品料理が決まっている場合でも、他のメニューに変えられないか、またフルコースにもう一品追加できないかなどという交渉もありですよ!!

「有料試食会」のデメリット

高砂の新婦席

「有料試食会」のデメリットは、費用がかかることです!

婚礼料理のコース金額の半額または、少し割引の価格になるでしょう。

でも、お料理でおもてなししたいと考えるなら、たとえ費用がかかっても、ゲストに関わることはしっかり吟味した方がいいと断言します!

わたしたちの有料試食会の費用は、2人分で27428円でした!!

しかも、一回目の式場打ち合わせを午前中に済ませたあと、お昼ごはんで婚礼料理の試食をしたので超リッチなランチです!もちろん昼から呑みました(笑)

【まとめ】費用がかかっても、ゲストに関わる料理はしっかり吟味!

結婚式の高砂席
  • 費用がかかっても、ゲストに関わる料理はしっかり確認!
  • 食べ比べすることで、結果的に節約することもできる!
  • すべてのゲストに、満足度の高い料理でおもてなしできる!

婚礼料理でおもてなししたいと考えるなら、たとえ費用がかかっても、全種類確認できる「有料試食会」に参加しましょう。

お料理に関しては、契約後の交渉もできます!

「単品ランクアップ」や「料理の演出」で節約できる部分がないか、あわせて検討することもおすすめです。

試食会で実際に食べたり、見たり感じたりすることで、満足度の高い料理を提供できると、きっとゲストに喜ばれますよ!!

「婚礼料理でおもてなし」関連記事

タイトルとURLをコピーしました