結婚式「ウェルカムドリンク」はいらない?なしにするときの条件と配慮

結婚式ウェルカムドリンク・アイキャッチ画像婚礼料理

結婚式準備していると、ふと湧き上がる素朴な疑問がありますよね。

「ウェルカムドリンク」って何?必要なの??と感じる新郎新婦さんも多いでしょう。

料理や引出物など、ゲストに関することは節約してはいけない部分ですが、ウェルカムドリンクは、そもそも別料金です!

季節や待ち時間・ゲストの顔ぶれなどを考えて、必要かどうか決めることがが大切です。


「ウェルカムドリンク」がいらない結婚式は、主に4つのケースがあります。

  • 式場サービスで控室にドリンクがある
  • 挙式や披露宴前に「演出」を用意している
  • 季節が「春」または「秋」の場合
  • ゲストが来る時間がまちまち

>>>詳しく「「ウェルカムドリンク」がいらない結婚式の条件」を読む

ウェルカムドリンクが必要なのか、いらないか迷っている方に、ウェルカムドリンクについて、詳しく解説します。


スポンサーリンク

結婚式の「ウェルカムドリンク」とは、待ち時間のおもてなし!

スパークリングワイン・イメージ画像

「ウェルカムドリンク」とは、挙式が始まる前や、挙式後から披露宴までの待ち時間のおもてなしとして、ドリンクを提供することです。

披露宴が始まるまでの間、控室などでゲストにふるまわれるドリンク。ふたりのために出席してくれたことを感謝すると同時に、開始時間までドリンクを楽しみながらくつろいでもらうためのサービス。

ゼクシィウエディング用語集

ウェルカムドリンクは別料金!

(1.5次会にて)「乾杯♪」手を上げすぎな新婦わたし(笑)

結婚式の見積もりでチェックする「ドリンク類」は、4つあります。

  • ウェルカムドリンク
  • 乾杯用ドリンク
  • 食事中のドリンク
  • 食事中のドリンク(プラン外)

「乾杯用ドリンク」は、乾杯発声時のスパークリングワインなどの飲み物。

「食事中のドリンク」は、プランに含まれるフリードリンクです。もし、ゲストがプラン外の飲み物をリクエストした場合のみ、追加で請求されます。

「ウェルカムドリンク」は、乾杯用ドリンクやお料理のプランに含まれるドリンクとは、別の請求になることが多いので、注意しましょう。

ウェルカムドリンクの費用と相場

ワイン・イメージ画像

ゲスト1人に対して、500〜3500円が相場です。

ドリンクの内容やアルコールの有無、軽食付きなどで金額が変わります。

仮に、一人1000円の金額でも、50人のゲストがいれば5万円かかります!

挙式や披露宴の待ち時間に、本当に「ウェルカムドリンク」が必要かどうか、考える必要があるでしょう。

↑もくじに戻る

スポンサーリンク

「ウェルカムドリンク」がいらない結婚式の条件

ドリンク・イメージ画像

ウエルカムドリンクは“待ち時間のおもてなし”ですが、気遣いになるかどうかは、季節と時間によって違います。


ウェルカムドリンクなしでも問題ないケース

ウェルカムドリンクがいらない結婚式は、主に4つのケースがあります。

  • 式場サービスで控室にドリンクがある
  • 挙式や披露宴前に「演出」を用意している
  • 季節が「春」または「秋」の場合
  • ゲストが来る時間がまちまち

式場サービスで控室にドリンクがある

控室の桜茶
実際に親族控室にあった「桜茶」

特に、ホテルウェディングの場合、控室に桜茶などが無料で用意されていることがあります。

式場に確認したうえで有効利用しましょう!

実際に、私たちの結婚式でも、親族控室にはお茶のサービスがありました。


挙式や披露宴前に「演出」を用意している

受付時にメッセージを書いてもらったり、挙式後の写真撮影など予定している場合、ドリンクをゆっくり飲む時間があまりないでしょう。

「演出」で待ち時間を楽しませることができれば、ウェルカムドリンクは必要ありません!


季節が「春」または「秋」の場合

桜・イメージ画像

過ごしやすい季節の結婚式で、待ち時間が少ない場合は、ウェルカムドリンクを省略しても差し支えないでしょう。


ゲストが来る時間がまちまち

ウェルカムドリンクは、飲んだ杯数ではなく、一人あたりの人数分の請求です。

挙式からのゲストと、披露宴からのゲストがいるなど、別々に時間を案内している場合、すべての人にドリンクが行き渡らない可能性があります。

ゲストが来る時間がまちまちなら、公平な項目にお金をかける方が堅実です!


ウェルカムドリンク代わりのアイデア

結婚式・イメージ画像

ウェルカムドリンクを用意しない場合、ドリンクの代わりにできるおもてなし方法を紹介します。

  • 「ドリンクチケット」を用意
  • 受付のお菓子(キャンディーなど)
  • 「ウコン」や「美容ドリンク」を持ち込み

「ドリンクチケット」を用意

ペアカップ・イメージ画像

式場併設のカフェで使える「ドリンクチケット」をゲストに渡すという方法があります。

ウェルカムドリンクを用意すると、一人あたりで計算されますが、「ドリンクチケット」の場合は、1杯分の料金で、チケット分しか請求されません。

実際に、わたしたちの結婚式では、待ち時間のあるゲストに“ホテルのカフェ利用券”を渡しました!


受付のお菓子

キャンディー・イメージ画像

プレゼント感覚でできる「受付のお菓子」は、ちょっとしたおもてなしになります。

夏場でなければ、キャンディーやチョコレートもおすすめですよ。

美味しい結婚式のお料理を食べる前に、飲み物や軽食を好まないゲストにとっても、気遣いになるでしょう。


「ウコン」や「美容ドリンク」を持ち込み

お酒好きゲストが多い場合、アルコールのウェルカムドリンクを用意するより、受付時に「ウコン」を用意しておくという方法もあります。

女性ゲストには「ウコン」より「美容ドリンク」が喜ばれます!飲めなかった場合は、持ち帰りもできて、嬉しいお土産にもなるでしょう。

式場から持ち込み料金が請求されないか確認して、用意しましょう。

↑もくじに戻る

「ウェルカムドリンク」が必要な結婚式

ドリンク・イメージ画像

結婚式で「ウェルカムドリンク」を用意した方が良いケースを紹介します。

ウェルカムドリンクが必要なケース

  • 季節が「夏」「冬」の場合
  • 待ち時間が長い
  • 遠方ゲストが多い

季節が「夏」「冬」の場合

1.5次会の高砂の花

暑い時や寒い時、ほっと一息できる一杯はゲストにとっても嬉しいものです。

地域にもよりますが、6・7・8月、または12・1・2月挙式の方はぜひ検討をしましょう。


待ち時間が長い

挙式終了から披露宴開始まで、1時間以上かかる場合は必須!

一般の結婚式では、披露宴開始までの待ち時間は30分程度です。

訳あって待ち時間が長くなってしまった場合は、ドリンクがあった方が、ゲストが時間を持て余すことが減るだけでなく、気遣いにもなるでしょう。


遠方ゲストが多いとき

新幹線のイメージ画像

交通機関を使って何時間もかけてくる遠方ゲストが多い時は、ドリンク1杯でも用意しておくとおもてなしになります!

遠方ゲストのためなら、ウェルカムドリンクを挙式後ではなく、挙式前に設定することもおすすです。

【関連記事】
>>>「結婚式・お車代のチェックポイント!~遠方ゲストへのおもてなし~


式場がゲストハウス場合は、演出のひとつになる

カクテルのイメージ画像

ゲストハウスや専門式場の場合は、庭園やバーカウンターなど独自の設備を利用して、ドリンクや軽食を出すことができます。

ウェルカムドリンクが、「ひとつの演出」にも「おもてなし」にもなるメリットを活かして、ゲストを楽しませましょう!

↑もくじに戻る

スポンサーリンク

ウェルカムドリンクの必要性は、季節・時間・ゲストを考慮!

サンキューカード・イメージ画像

「ウェルカムドリンク」を追加料金で振る舞うか省略するかは、季節や待ち時間、ゲストの顔ぶれなどを考慮して決めましょう。

季節の良い時期の挙式で、待ち時間が少ない場合は、「ウェルカムドリンクなし」でも問題ありません!

代わりに、演出や受付のお菓子を用意したり、ゲストに関わる他の項目ををグレードアップする方が、ゲストのおもてなしになりますよ。

↑もくじに戻る

「婚礼料理でおもてなし」関連記事

タイトルとURLをコピーしました