結婚式・お車代のチェックポイント!~遠方ゲストへのおもてなし~

結婚式お車代・アイキャッチ画像結婚式のおもてなし

御礼のお金シリーズ記事
>>>「スタッフさんへ心付けはNG!?最近のブライダル事情
>>>「親しき仲にも礼儀あり!結婚式・友人への御礼

第3弾は「お車代」です!

距離だけでなく、招待客との関係性や人数もあるので、正解はありませんが、わざわざ時間をかけて来てくれる“遠方ゲスト”へのおもてなしとして、なるべく負担する方向でお車代を準備することをおすすめします!

この記事では、お車代を用意する時のチェックポイントと、実際にわたしたちが用意したお車代の金額を合わせてご紹介します!!

スポンサーリンク

結婚式「お車代」とは、ゲストに渡す交通費

結婚式車・イメージ画像

主賓や乾杯の音頭をとってもらう人や遠方からのゲストに渡す交通費のこと。遠方ゲストに対しては交通費に相当する実費を払うケースが多い。

ゼクシィ「ウエディング用語集」より

東京・名古屋・大阪 「距離別のお車代」

*一般的な金額の目安*

  • 交通費の全額
  • 交通費の半額
  • 交通費か宿泊費のどちらか

中には、ゲスト全員にお車代を渡すというつわもの!?もいるそうですが、主賓以外のお車代は、あくまで“遠方ゲストのためのおもてなし”です。

新幹線や飛行機・特急列車などを使わないと、会場まで来ることができないゲストのために、準備しましょう。

一例として、東京・名古屋・大阪の新幹線料金をご紹介します。

新幹線区間のぞみ特急料金(片道)お車代(全額)お車代(半額)
東京~大阪14720円3万円1万~1.5万円
東京~名古屋11300円2万円1万円
名古屋~大阪6680円1.5万円5000円
2022年通常期の特急料金

お車代は、新幹線や飛行機などの通常の料金に対して、半額程度~全額を用意しましょう。

「のぞみ」ではなく、「ひかり」や「こだま」を使ったり、格安チケットショップで回数券を購入したりすればもう少し料金は安くなります。

そのためお車代というお金ではなく、切符を手配して先に渡すこともできます!

ただし、切符を渡す場合は、ゲスト自身が先に予約していることもあるので、事前に確認しておきましょう!

過去に、ゲストとして招待された結婚式で、交通費を全額負担してもらった場合は、自分たちの結婚式でも、同じ条件で負担することがマナーです!

結婚式「お車代」チェックポイント

結婚式車・イメージ画像
  1. 親族のお車代は両親に確認!
  2. グループ間は同じ金額にする!
  3. 遠方ゲストには招待前に伝える!

親族のお車代は両親に確認!

それぞれの親戚間でルールがある場合があります!

実際に、わたし新婦側の親族は「交通費は実費、宿泊代は招待する側が負担」と決まっていました。

そのため、特にルールがなかった新郎側も合わせて、宿泊代のみを負担しようと決め、挙式したホテルを早期予約でお得に手配しました。

>>>『ゲスト宿泊はネット予約がお得!おすすめ宿泊サイト7選

ホテルの宿泊代を負担するかどうかは、結婚式の終了時間で日帰りできない遠方かどうかが目安になります。ただし、親族の場合は、日帰りは疲れる世代ですので、宿泊場所は用意しておく方が良いでしょう。

グループ間は同じ金額で!

友人が様々な遠方から来る場合は、多少の距離の違いがあっても、同じ金額にしていた方が安心です!

グループ内で仮にお車代の話題になった時、1万円のお車代の人と5000円のお車代の人がいたら、微妙な空気になってしまうでしょう。

お金に関することは、ケチらないことが大前提です!

遠方ゲストには招待前に伝える!

お車代や宿泊負担がなくても、喜んで祝福に来てくれるゲストもいますが・・・

ご祝儀に往復の交通費も合わせると、結構な金額になります。

特に、女性ゲストはお呼ばれドレスやヘアセットも必要です。非正規雇用や専業主婦の既婚者など、出費が痛いゲストもいるでしょう。

ウエディングドレス・イメージ画像

結婚式に招待する前に、お車代について伝えることが重要です!

  • 「申し訳ないけど、半額くらいは交通費負担するので、結婚式に来てもらえるかな?」
  • 「交通費は負担できないけど、宿泊ホテルは用意させてもらうね。」

など一声かけておくと、ゲストの気持ちも変わってくるはずですよ!

スポンサーリンク

わたしたちが結婚式で用意した「お車代」

  • 関東地方(東京・埼玉・山梨など)… 1万円
  • 中部・中国地方(名古屋・鳥取・岡山など)…5000円
  • 四国地方 … 1万円
  • 関西在住 … 0円

新幹線や特急列車、高速バスを使わないと来ることができない遠方ゲストのみ、交通費の半額程度を負担しました!

神戸で結婚式したため、在来線で来ることができる大阪や奈良・京都の友人にはお車代はなしです。

終了予定は夕方でしたが、日帰りで帰らないゲストには、宿泊ホテルも準備しました。

ちなみに、わたしたちは‘二部制ウェディング’で、友人向け披露宴1.5次会は、会費1万円でした。

つまり…、遠方ゲストは、パーティ参加自体は無料です!

一般的に1.5次会の場合は、引出物もなくご祝儀負担がない分、お車代を用意しないことが多いです。

ただ、わたしは友人グループの中でも、結婚は遅い方でした。

  • 既婚ゲストから、以前結婚式に招待されたときに「お車代」をもらった。
  • 同じ友人グループで、別の友達が遠方ゲストにお車代を渡していた。

などあったので、交通費の半額にならないゲストもいますが、一律でお車代を渡すことにしたのです!

友人グループで、一番最初に結婚式をする場合ではない場合は、今まで招待された結婚式を思い出してみてくださいね!

【まとめ】

ウェディングケーキ・イメージ画像

お金の問題は、とてもデリケートです。

「お車代がなかった。」
「他の友達とお車代に差があった。」 
「お車代が少ないから、ご祝儀減らした。」

…など、後から嫌な思いをするかもしれません。

せっかくのお祝いの場なのに、お互いに不満が残っては悲しいですよね。

お車代を誰が支払うのかということも含め、新郎新婦はもちろん両親ともよく相談したうえで、なるべく負担する方向で、「お車代」を準備することをおすすめします!

「お礼・お車代」ブログ関連記事

移動する人数が多くなれば、バス1台借りてしまう方法もあります。
また10人以下なら、ジャンボタクシーを借りるという手段もあるのです!

お車代を用意するより安くなる場合もあるので、あわせて読んでみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました