結婚式場までのゲストの送迎に!タクシーや貸切バスでおもてなし

結婚式タクシー&バス・アイキャッチ画像結婚式のおもてなし

結婚式場までの「ゲストの移動」について困っていませんか?

  • 結婚式場が駅から遠い
  • 年配の親族ゲストを招待する
  • 遠方から親族ゲストが多い

様々な理由で、「お車代」の準備を検討している方も多いでしょう。

「お車代」ではなく、送迎タクシーや貸切バスを利用するという方法があります!

ゲストが式場に来るまでの交通手段や、挙式会場から披露宴会場までの移動手段など、距離がある場合に使える方法です。

「お車代」一人一人に準備するより、安くおもてなしできるので、ゲストに移動の不安なく、安心して結婚式に参加してもらうことができますよ。

この記事では、「送迎タクシー」や「貸切バス」を使った移動方法や、メリット&デメリットをあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式・ゲストの送迎に!タクシーや貸切バスでおもてなし

結婚式車・イメージ画像

少人数の移動では、タクシーをチャーターすると便利です。

でも、移動する人数が多くなれば、バスを1台借りてしまう方法もあります。

まずは、招待客の人数で比較してみましょう。

  • 4人まで・・・「タクシー」
  • 9名まで・・・「ジャンボタクシー」
  • 20人程度・・・「小型バス」
  • 30人以上・・・「大型バス」

一般的なタクシーは「タクシー会社」へ、小型バスと大型バスは「バス会社」へ連絡します。

「ジャンボタクシー」は、最大9人までのワゴン車です。

ゲストを分ける必要もなく、タクシー2台借りるより料金が安い!

ジャンボタクシーは、「タクシー会社」「バス会社」どちらでも配車を頼むことができます。

結婚式・タクシーの料金

地域や各タクシー会社により、料金は異なります。

一般的には「メーター料金」のため、距離でおよその金額がわかるでしょう。

また「時間制運賃」として貸切料金を支払うタクシー会社もあります。

  • 式場提携のタクシー会社があるか確認
  • 地域のタクシー会社をチェック

結婚式場がホテルの場合は、提携しているタクシー会社があります。

式場との連携も取りやすく、土地勘もあるのでおすすめですよ。

情報ページ「タクシーサイト」では、全国のタクシー会社を調べることができます。

一般のタクシー会社は、‘県内・府内のみ’など送迎可能な地域が限られている場合があるので、ご注意ください!

結婚式・貸切バスの料金

往復または片道の距離・バスの車種によって金額が変わります。

またバス会社によっても料金が違うため、結婚式場を比較したように、見積もりを取ることをおすすめします!!

見積もりの料金は、もちろん無料です!

実際に、わたしも数社のバス会社に問い合わせしましたが、引越会社の見積もり比較のように、しつこい勧誘電話などなかったのでご安心ください(笑)

貸切バスの比較ポイント
  • 冠婚葬祭の利用に慣れた会社か
  • 自宅・駅など指定した場所が選べるか
  • 車内の広さや快適さを明記しているか
  • 迎えに行く料金

大切なゲストを、移動の間も気持ちよく過ごしてもらえるように、バス会社をしっかり比較しましょう。

スポンサーリンク

結婚式に送迎タクシーやバスを利用するメリット&デメリット

教会の鐘・イメージ画像

結婚式の送迎にタクシーやバスを利用すると、ゲストにとっても、新郎新婦にとってもメリットがあります。

ゲストのメリット

ゲストのメリット
  • 移動が楽
  • 荷物も一緒に運べる
  • 天候に左右されない
  • 親族や招待グループの話がはずむ
  • 披露宴中のお酒が飲める

特に、年配の親族ゲストを招待する場合は、移動に気を遣うでしょう。

タクシーや貸切バスを用意すれば…

  • 重い荷物を持ったまま、電車を乗り降りしなくていい!
  • 式場まで坂道があっても大丈夫!
  • 暑い日、寒い日、雨の日でもオッケー。天気に左右されない!

結婚式場までの移動を手配することで、ゲストの様々な不安を取り除くことができます!

また披露宴中にお酒を楽しむこともでき、ゆっくり親族やグループ間で会話できることは、自家用車で運転してくるならできないことです!

わたしたちの結婚式では、親族ゲスト2家族の中距離移動(奈良~神戸間)をどうしようかと迷いました。在来線を乗り継いで、片道約3時間かかります。

マイクロバスを手配しようと調べていましたが、結局、自家用車で結婚式場のホテルまで来ることになり、この話は流れてしまったのですが・・・

自家用車を運転するゲストはお酒は飲めません。また、朝早くからの婚礼スーツ着たままの中距離運転をしてもらうことになりました。

新郎新婦のメリット

ウェディングケーキ・イメージ画像
新郎新婦のメリット
  • お車代より安くなる!
  • お車代の準備や手間が不要!
  • 新郎新婦もタクシーやバスを利用できる!

お車代の場合、5000円や10000円といったキリのよい数字で渡さなければいけません!

そのため、実際の交通費より、上乗せして渡していることもあります。

タクシーやバスと手配することで、お車代を準備し、当日一人一人に渡す手間もなくなります!!

新郎新婦の婚礼タクシーにもなる!

例えば、“挙式会場から披露宴会場”や“披露宴会場から二次会会場”が離れている場合、新郎新婦自身はどうやって移動するつもりですか?

ゲストのおもてなしのために、タクシーや貸切バスを依頼した場合、ゲストと一緒に移動することもできます!

またタクシーの場合は、ゲストとは別に、あとから出発する方法もあるのです!!

二次会会場へ新郎新婦だけの移動や、仕事の普段使いにも!「GO《ゴー》」や「DiDi(ディディ)」といったタクシーアプリを事前インストールしておくと便利です。

\新規登録で500円クーポン付き!/


タクシーが呼べるアプリ GO《ゴー》

タクシーやバスを利用するデメリット

新郎新婦のデメリット
  • タクシー会社やバス会社の比較検討に時間がかかる
  • タクシーチケットの用意が必要な場合がある

お車代の準備をしなくていいものの、タクシー会社やバス会社を比較検討し、依頼するという移動手段の準備が必要です。

また、タクシー会社によっては、後日清算できるチケットがあります。

もし「タクシーチケット」がない場合は、手作りしなければいけません!

【体験談】結婚式・タクシーを8台チャーターしました!

タクシーから降りる新婦

わたしたちは、二部制ウエディングで、「挙式」→「親族食事会」→「友人向け1.5次会」という流れだったため、挙式のみ参列のゲストにタクシーを手配しました!

結婚式場のホテルから1.5次会会場まで、たった徒歩約5分の距離です!

でも、時期が真夏で、挙式から1.5次会までの空き時間が約3時間ある中で、わざわざ挙式のみに参加してくれる友人たちに、何かしたいなと思って用意した‘おもてなし’のひとつです。

送迎タクシーにかかった金額

第2回目の打ち合わせ時に、タクシーを8台(ゲスト用7台+新郎新婦分1台)を依頼。

式場提携のタクシーだったため、迎え時間&乗車する氏名をプランナーさんに連絡するだけです。

またタクシー料金は、披露宴代金と合わせて式後に清算することで楽に済みました。

≪タクシーチャーターの金額≫

見積もり時
700円×8台 『5600円』

→ 後日の請求 『5680円』

請求金額は、純粋なタクシー代金(メーター料金)だけです!

1メーターぐらいの距離分なので、金額は安いですが、他の費用は一切かかっていません!!

送迎タクシーを利用した感想

ウエディングドレス姿でタクシー乗車!

メリット

『ゲストにお手伝いを頼みやすい』

1.5次会の会場まで、親族食事会で使った「装花(メイン&ゲストテーブル)」を運んでもらう役割を一部のゲストにお願いしました。

タクシーがあるので、移動の負担が少なくて、お手伝いを頼みやすかったです。

『自分たちの乗るタクシーも後日清算できた』

ゲストだけでなく、自分たちも1.5次会会場に移動しました。

タクシー代金を持ち歩かなくてよいだけでなく、タクシーの運転手に、心付けをした方がよいのかなど考えずに済みました(笑)

基本的に、送迎タクシーや貸切バスの運転手への心付けは不要です

受付の様子
1.5次会の受付の様子

デメリット

『タクシーチケットを手作りすることになった』

式場提携の会社には、タクシーチケットがなく、あくまでゲストが分かるように作ればいいとのことでしたが、挙式1ヶ月前にわたしの仕事が増えました(笑)

『相乗りのお願い』

タクシーなら最大4名までは乗れますが・・・

2〜3名に分かれて乗ってもらうことが適当なため、乗る組み合わせを決めて、ゲストに連絡するということが必要でした。

『タクシー料金は依頼した時間より加算』

「14時に3名乗車」と依頼していると、14時からメーターが動き始めるそうで、微妙に加算されていきます。

そのため、同じ距離で信号は1つしかないはずなのに、料金はまちまちでした。

【まとめ】送迎タクシーや貸切バスで、ゲストをおもてなし!

ドレスと靴・イメージ画像
  • タクシーや貸切バスといった、ゲストの送迎方法がある!
  • お車代を一人一人に準備するより、安くおもてなしできる!
  • ゲストにとっても新郎新婦にとってもメリットがある!

ゲストへの気遣いは、『お車代』のお金だけではありません。

“ウェディング送迎”は、おもてなしのひとつです!

お車代を一人一人に準備するより、タクシーや貸切バスを用意すれば、ゲストに移動の不安や心配をせず、安心して結婚式に参加してもらうことができます。

ゲストが式場に来るまでの交通手段や、挙式会場から披露宴会場までの移動手段など距離がある場合に、タクシーや貸切バスでの送迎方法を、ぜひ参考にしてみてくださいね!

「お車代」ブログ関連記事

二次会会場へ新郎新婦だけの移動や、仕事の普段使いにも!「GO《ゴー》」や「DiDi(ディディ)」といったタクシーアプリを事前インストールしておくと便利です。

アプリを使えば、アプリと提携しているタクシー会社の中から、すぐに配車可能なタクシーを手配してもらえます。数日前から予約も可能です!

\新規登録で500円クーポン付き!/


タクシーが呼べるアプリ GO《ゴー》
タイトルとURLをコピーしました