【引出物の節約】持ち込み・贈り分け・手提げ袋で安く準備できる

結婚式の引出物節約・アイキャッチ画像結婚式のおもてなし

「引出物」は、ゲストに関わる大事な項目です。

自分たちのために節約するのではなく、ゲストのために節約するのです!

品物を安く買って、予算以上のいいものを贈りませんか?

引出物の節約ポイントは3つあります。

  • 引出物は定価では買わない
  • 引出物の数を見直す
  • 手提げ袋も持ち込みできる

この記事では、引出物そのものの節約だけでなく、数量や手提げ袋で節約する方法もご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式の引出物は節約できる?目安の金額を知ろう

結婚式・ゲストが歩くシーン

≪引出物にかかる一人当たりの料金の目安≫

  • 引出物 3000~5000円
  • 引菓子 1000~1500円
  • 縁起物 1000~1500円
  • プチギフト  300~500円 
  • 袋代     300~500円

引出物とは、結婚式参加者に感謝の気持ちを込めて贈る「記念品」のことです。

昔は‘幸せのお裾分け’として、各家の蔵にある品物を馬を使って引き出して渡したことから、引出物(ひきでもの)と言われるようになりました。

引出物の相場は、3000~5000円が目安の金額です。

友人には3000円の引出物で十分ですが、親族や上司には安い品物を贈ることはタブーです。

贈り分けして、品物を変えましょう。

「贈り分け」とは、参列者全員に同じ引出物を贈るのではなく、年齢や関係性から引出物を何パターンか準備する方法です。

>>>「【いとこへの引出物】未婚既婚・ひとり暮らし・家族のパターン別に紹介

↑もくじに戻る

スポンサーリンク

「結婚式の引出物」3つの節約方法

ホテル教会の写真

「結婚式の引出物」の節約ポイントは、3つあります。

  • 引出物は定価では買わない
  • 引出物の数を見直す
  • 引出物袋も持ち込みできる

引出物そのもののランクを下げるのではなく、良いものを安く買って、予算以上のいいものを贈る節約方法をご紹介します!

引出物は定価で買わない

ゲストに関わる結婚式の引出物は、節約対象ではありません!

良いものを安く買って、予算以上のいいものを贈るための方法として、引出物の節約ポイントを3つご紹介します。

  • 提携商品は即日契約しない!
  • 外部からの持ち込みを交渉!
  • カタログギフトはネットショップを利用!

提携商品は即日契約しない!

式場提携で引出物を決めるメリットは、持ち込み料がかからないことです。

式場から提携会社のカタログをどっさりもらうと思いますが、定価で値引きは一切ありません!

ただし、提携商品で気に入ったものがあれば、式場の企画するイベントに参加し、その時に注文すれば、割引がある場合があります。

契約者向けのフェアに参加する場合は、引出物も要チェックです!

外部から持ち込みする!

式場契約前なら、引出物も持ち込みを交渉できます。

式場探しと平行して、好きなブランドや品物を、早くから目星をつけておきましょう。

「すでに気に入った品物があるので持ち込みたい」と契約前に交渉すれば、‘持ち込み料’を無料にしてくれる確率があがります!

たとえ持ち込み料金がかかっても、外部で安く購入する方が、節約できます!

たとえば3000円の品物一点300円の持ち込み料かかっても、10%以上割引のある外部の品物を探して比較検討する方法が賢い方法です!

カタログギフトはネットショップを利用!

イルムスカタログ画像

引出物の定番カタログギフトも、外部からの持ち込みがお得です!!

ネットショップで購入すると、持ち込み料のサービスや送料無料、20%OFFなど魅力的なサービスをたくさん受けられます。

カタログギフトを贈る予定なら、ネットで注文して式場宛に送れば、簡単で安く購入することができますよ!

>>>「おしゃれブランド厳選!結婚式引出物で贈りたい女性向けカタログギフト

↑もくじに戻る

縁起物をカットして、引出物の数を見直す

婚礼料理「鯛の刺身」

縁起物とは、「かつお節」「昆布」「紅白うどん」など、おめでたい食材のこと。

品物には、子孫繁栄・長寿、幸運などの意味が込められています。

昔からのしきたりでは「引出物+引菓子+縁起物」の3品が主流です(5品の地域もあり)

でも実際、「縁起物の意味」を知る人も少なくなりました。

またひとり暮らしの人が縁起物をもらっても、消費できずに困ることもあります。

それなら、縁起物をカットして、引出物をランクアップさせる方がゲストに喜ばれるでしょう!

縁起物の贈り分け例

(贈り分け例)

  • 友人:5000円
     =引出物3500円+引菓子1500円
  • 親族:8000円
     =引出物5000円+引菓子1500円+縁起物1500円

2品では、年輩のゲストからケチったと思われてしまうかもしれません。

そこで、友人ゲストには2品の引出物、親族や上司の方には3品の引出物という風に、数量でも「贈り分け」する方法もひとつです!

↑もくじに戻る

引出物用の手提げ袋は、持ち込みできる!

Shopping, Bag・イメージ画像

引出物の紙袋の予算は300~500円が相場です。

撥水加工してあり、丈夫でシンプルな紙袋は、式場名が書いているオリジナルのため料金が高め。

1枚500円なら、80名のゲストの場合40000円!と意外と消耗品の割には大きな金額です。

無地の紙袋は100~200円で売られています。

1枚数百円の差でも、合計にすると数万円の差は大きい!

紙袋は持ち込みは無料の式場も多いので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

手提げ袋の注意点

結婚式の引き出物袋を持ち込む場合は、注意点がいくつかあります。

  • 撥水加工のものを選ぶ
  • 紙底のマチのサイズを確認
  • 一番大きいサイズで統一

まずは、雨の日や雪の日でも安心な「撥水加工の紙袋」を選ぶこと。

そして、引出物はどんな品物でも立てて入れないため、寝かせて入るようにサイズを調べておく必要があります。

また、贈り分けしてゲストの引出物の中身が違っても、一番大きい引出物に合わせて、同じ紙袋を全員分用意することが重要です!

↑もくじに戻る

【まとめ】ゲストのためなら、引出物は節約してOK!

プレゼントボックス・イメージ画像
  • 引出物は定価で購入しないことが基本!
  • 引出物も手提げ袋も、外部から持ち込みした方が安くなる!
  • 縁起物なしの「贈り分け」も検討する!

「引出物」は、ゲストに関わる大事な項目です!

そのためには、引出物を“定価では買わないことが基本”です!!

引出物そのものの節約だけでなく、贈り分けして数を見直すことや、引出物袋を持ち込む方法も一緒に組み合わせてみましょう。

引出物をお得に買うことができたら、引出物自体をランクアップしたりお料理代金にまわしたり、ぜひ別の部分でゲストに還元してくださいね。

「引出物」ブログ関連記事

タイトルとURLをコピーしました