結婚式のサプライズやプロポーズの参考に!バラの本数で決まる花言葉

結婚式バラ・アイキャッチ画像演出の悩み&アイデア

お花に囲まれた結婚式は、女性にとって「憧れ」です!

結婚式当日は、式場内に装花をたくさん飾ったり、花嫁はブーケを持ったりしますが、サプライズで花束のプレゼントがあったら、きっと…さらに幸せな気分になるでしょう。

バラには「愛情」などの花言葉もありますが、本数でも決まる花言葉もあります。

例えば…

  • 12本:「恋人(妻)になってください」
  • 20本:「感謝」
  • 108本:「結婚して下さい」

この記事では、1本から999本までバラの本数の花言葉と、12本のバラの演出「ターズンローズ」をご紹介します。

普通に花束を贈るのではなく、バラの数にも意味を持たせると、かっこいいサプライズの演出になりますよ!

スポンサーリンク

結婚式のサプライズに!バラの本数で決まる花言葉

バラ・イメージ画像

バラの代表的な花言葉は「愛」や「美」ですが、たくさんの品種と色があります。

≪バラの花言葉≫

  • 赤いバラ ・・・「愛情」「あなたを愛しています」
  • ピンクのバラ ・・・「上品」「しとやかさ」
  • 白いバラ ・・・「深い尊敬」「清純」
  • 青いバラ ・・・「神の祝福」「奇跡」

バラの本数と花言葉

バラの色にも花言葉はありますが、「贈る本数」ごとにも深い意味があるのです。

本数で決まる花言葉を、1本から999本までご紹介します!

~バラの本数で決まる花言葉~

  • 1本:「一目ぼれ」「あなたしかいない(運命の人)」
  • 2本:「お互いの愛情」
  • 3本:「愛しています」
  • 4本:「一生愛し続ける」
  • 5本:「あなたを称賛する」
  • 6本:「あなたに夢中」
  • 7本:「ひそかな愛」
  • 9本:「いつまでも一緒に」「永遠の愛」
  • 8本:「あなたに感謝しています」
  • 10本:「あなたは完璧」
  • 11本:「最愛」
  • 12本:「わたしの恋人(妻)になってください」
  • 15本:「永遠の友情」
  • 20本:「感謝」
  • 21本:「君だけに尽くす」「真実の愛」
  • 24本:「一日中いつも思っている」
  • 30本:「縁を信じています」
  • 40本:「真実の愛」「愛は本物」
  • 44本:「不変の愛を誓う」
  • 50本:「偶然の出会い」
  • 99本:「永遠の愛」「ずっと好きでした」
  • 100本:「100%の愛」
  • 101本:「あなただけ」
  • 108本:「結婚して下さい」
  • 365本:「あなたが毎日恋しい」
  • 999本:「何度生まれ変わってもあなたを愛します」

…999本もバラを贈る方っているんでしょうか(笑)

実店舗や一部のネットショップでは、バラの本数を指定して花束を作ってもらえますよ!

\バラ108本はプロポーズの花束!/

本数ごとの花言葉は、近所の花屋さんのポスターと「花キューピット公式」さんを参考にしました。

>>>『バラを贈る時に意識したい!花言葉と贈る本数で変わる意味とは?

スポンサーリンク

結婚式のサプライズ演出「ターズンローズ~12本のバラ~」

バラのブーケ・イメージ画像

人前式のオリジナル演出」でも紹介した、12本のバラを使った演出「ターズンローズ」も素敵です!

「ターズンローズ」とは

12本のバラの花を恋人に贈ると幸せになれるという欧米の言い伝え。
12本にはそれぞれ感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠の意味がある。

ゼクシィ「ウエディング用語集」より

「ターズンローズ」

新郎が入場時に、ゲストから一輪ずつ花を集めてブーケにし、新婦にプレゼント&プロポーズ。

新婦がプロポーズを受けるという返事と共に、新郎に一輪の花を差し出す。

つまり、「ブーケ&ブートニアの由来」を再現する素敵な演出なのです!

バラ・イメージ画像

この12本のバラには、特別な意味が込められています。

「愛情」「情熱」「感謝」「希望」「幸福」「永遠」「尊敬」「努力」「栄光」「誠実」「信頼」「真実」

人前式の演出に限らず、披露宴中の新郎から新婦へのサプライズにも、バラの本数を12本にして贈ることもおすすめです!

もちろん、結婚前の「本当のプロポーズ」にもおすすめですよ。

あなたの結婚式の演出やサプライズのひとつとして、“バラの本数で決まる花言葉”を参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました