【ブートニアの悲劇】生花の注意点!結婚式中に花びらが取れた!!

結婚式ブートニア・アイキャッチ画像結婚式の節約術

ブーケの素材は、「生花」「プリザーブドフラワー」「シルクフラワー(造花)」と主に3種類あります。

最近の造花は、巧妙につくられていて、生花にも劣らないほどとっても素敵ですが、生花のブーケには、見た目と香りに、本物の魅力があります。

ただ生花のブーケ&ブートニアにしたために、わたしたちの結婚式で、実際に起こった出来事を書きたいと思います!!

結論から書きますと…

『ブートニアの花びらが取れました!』

この記事では、結婚式でのブートニアの必要性とあわせて、実際に起きたブートニアの悲劇(!?)を写真付きでご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式「ブートニア」は、新郎に必要なアイテム!

新郎新婦が鐘を鳴らすシーン

結婚式のブートニアとは、新郎の胸につける花のこと。
花嫁のブーケに使われている花の中から1種類選んで作ってもらう。

ゼクシィ「ウエディング用語集」より

「ブーケ&ブートニア」は、プロポーズの儀式が由来のひとつとされています。

昔、ヨーロッパでは、男性が女性にプロポーズをする時に、花束を作ってプレゼントしていました。

プロポーズ承諾の返事として、YESの場合は、花束の中から一輪抜き、男性の胸に刺したというエピソードから、ブーケとブートニアは同じ種類の花で作られるようになったのです。

結婚式にブートニアは必要?いらない?

ブートニアがいらない場合
  • 和装のとき
  • 新郎が礼服を着ているとき

和装の場合は、着物にブートニアをつけることはしません。

また警察官・消防士・自衛官など、礼服で結婚式を望む場合も不要です。

つまり、通常のタキシードを切る場合は、ブートニアは必要です!

「ブートニア」は、花嫁のブーケとセットの大切なアイテムなので、必ず用意しましょう!!

スポンサーリンク

実際に起きた「ブートニアの悲劇」

ブートニアの写真

こちらは、挙式前に撮影したブートニアもとい…新郎の写真です。

家族写真や教会内で写真撮影している時に、何かにひっかかってしまったんでしょう。

このあと、どんどん花びらが少なくなってしまったのです(涙)

 ↓
 ↓
 ↓

≪挙式中のブートニア≫

4分の1くらい欠けてしまいました…。

でも、角度によってはわかりません。

0242.jpg

 ↓
 ↓
 ↓

≪3時間経過…≫

わたしたちは二部制ウエディングで、「親族食事会」と「友人向け1.5次会」を1日で行いました。

親族食事会が終わり、1.5次会が始まる前に撮影した写真では、ひまわりが半分くらいになっています。

DSC_4398.jpg

 ↓
 ↓
 ↓

≪6時間経過…≫

1.5次会が終わる頃には、4分の3の花びらがなくなっていました。

DSC_5108.jpg

結婚式のブーケ&ブートニアを生花にすると、花びらが取れるというデメリットもあるなんて、初めて知りました!

ブートニアの花が数枚取れたと気付いた時に、すぐ式場のスタッフさんも気を遣ってくださり、糊でくっつけてみたりと頑張ってみたのですが、効果がありませんでした。

仕方なく開き直って、そのままで最後まで乗り切ったのです(悲)

スポンサーリンク

【まとめ】新郎諸君!生花のブートニアにはくれぐれもご注意を!

ブーケを持つ手

ちなみに、わたしが持っていたブーケには、花びらが欠けることなく一日中美しいままでした!

だから、旦那くんの取り扱いのせいで(笑)、お花屋さんの問題ではありません!!

【教訓】

これから結婚式を迎える新郎の皆様!
胸元の花ブートニアにも気を配ってください!!

生花は、金額が高いことや、当日まで現物を見ることができないこともありますが、最大のデメリットは、花びらが取れやすいことです!!

生花だと取り扱いが心配な方は、「プリザーブドフラワー」や「造花」もあわせて検討してみてくださいね!

\ブートニア付きセットをチェック/

「ブーケ&ブートニアの節約」ブログ関連記事

【リアル口コミ情報】

結婚式にブーケを持ち込みしたおすすめのお花屋さんです。
良心的な価格で、ひまわりのオリジナルブーケを作ることができました!

タイトルとURLをコピーしました